fc2ブログ

自殺!減らぬ福島

熱しやすく冷めやすいのが日本人の特徴だと言われるが、否定できない!
災害が発生すると、物資や義捐金が集まり、マスコミも毎日のように報道する。
国民は、被災者に対して可哀想だと思いながらも、心底では自分でなくて
良かった安堵している。

そのうちにマスコミも、忘れ去られたころに「あれから3年・・・」とかのタイトルで、
年単位で取り上げるが、国民の気持ちは「もうそんなに経ったの?」位の反応でしかない。
自分の生活に追われて、他人までは気が回らないのが正直なところなのかも・・・
それを口にすると、偽善者は「不謹慎なことを言う!?」と、自分は違うと言わんばかりに
眉毛を釣り上げて見せる。

もう一つ忘れ去られている事、生活環境は時間の経過とともに復旧されていくが
被災者の「心の傷」は時間の経過に従い、深層へと蝕んでいることです。
小生も、南相馬にボランティアで入り、泥水を掻き出すのに汗した経験から、
囲み記事に反応して当時のことを思い出す。

・自殺者は11月で、すでに昨年を上回る19人
・終わりの見えない避難生活で、心身の状態が悪化している
・自殺の動機 ①健康問題 ②経済・生活問題 ③家庭問題
・仮設住宅生活者 10万3千人
・うつ病、PTSD傾向のある被災者割合は、宮城・岩手より高い
・避難指示解除後でも、子育て世代は帰らず、家族のばらばら状態が続く

福島の被災者が抱える問題は時間が経つほど複雑さを増している。専門的な
知識をもつ人をふやし、ケアをより充実させることが必要だ。と結んでいる。

我々に、何が出来ると言う訳ではないが、
未だに不安を抱える被災者がいる現実を心の隅に留めて、
自らの環境に感謝し、日々の生活を精一杯生きることが大切ではないだろうか。
スポンサーサイト



残薬

年、400億円を超えるとの推計もあり、薬剤師が「残薬」を整理し、医師に処方薬を
減らすよう求める試みが広がる。との新聞記事が目に留まった。

「残薬」を減らすために厚労省は昨年薬剤師が受ける調剤報酬の条件の一つに、
薬の飲み残しがないか確かめることが盛り込まれている。
ただ、店頭で口頭で尋ねるのが大半であることから、薬局で患者に「残薬」を
持ち込んでもらう取り組みが始まっている。

日本医師会が在宅患者の「残薬」調査によると、4割に「飲み残し」「飲み忘れ」があり、
処方された薬全体の24%に当たるという。
日本在宅薬学会理事長は「飲んだことを前提に対応しているわけだから、治療自体が
崩壊する。薬代も無駄になる」と話す。

小生が社協を通じてTさん(68歳、独身男性)を支援して3年目になるが、ベッドの傍に
レジ袋に入った残薬(9種類、1か月分処方)が10袋以上並べられている。
袋を覗くと、どれも1/3は残っている?「薬局へ持ち込んで整理してもらおうよ!」と
促しても「心配だからとってあるんだ・・」と同意してくれない。
主治医に告げ口しても、「仕方ないね」で済まされてしまう。処方箋は患者の希望で
出しており、更には糖尿病の薬も、「数値は正常だが、本人が望むから拒否はできない」
と云う始末で、2年前と症状は変わっていないのも当然である。

とにかく、Tさんには薬の依存に頼らず、自力で病を治すんだ!との認識を高めて
もらうためにも、散歩と食事で体力を回復させる方向へと話題を進めるが、「5年前の
怪我さえなければ・・・」と後悔ばかりを繰り返す。
今後も、病状の快復を信じて、地道に認知の歪みを矯正すべく支援を続けて
行かなければならない。

お別れ

先日、社協専門員のNさんから電話があった。
「貴方が支援していたAさんが亡くなりました」と・・・

Aさん(80歳代)は、1Kのアパートで独り暮らし、週3日は透析で病院通い。
一日中ベッドの上で過ごしているが、毎朝4時に起きて夫と息子の遺影を拝むことを
日課にしている。

3か月前に支援を開始したが、初回訪問時に「ケアマネに、支援契約解除の相談中です」と、
いきなりの発言に驚かされた。
理由を尋ねても明確な返答は聞かれない、財布を他人に管理されるのが嫌なのかな?
といっても年金のみの生活では、週1万円がぎりぎり。
公共料金、宅配弁当代、薬代などの支払いは自分で行える健康状態ではないので、
しばらく支援を続けてみてはどうですか?と、説得してその日は退室した。

翌月からは契約解除の言葉は聞かれず、「すまないね!」の繰り返しになった。
ドアの鍵が施錠されていなかった理由を尋ねると、宅配やヘルパーさんが来た時に
「鍵を開けに起きて行かれないから、施錠はしていない」と云う。
以前、鍵を郵便受けに入れて置いたら紛失(盗難?)したことがあり、それ以降は
施錠はしていない、「不安もないよ!」と気にする様子もない。

遠方だが介護タクシーで墓参りに行きたいというので、その代金を封筒に入れて
ヘルパーさんがいつでも本人に渡せる準備をしておいたのに・・・。
又、近日中に美容院で髪を切りたいとも話していた、やりたいことがあったのに
心残りだったろう?
Aさんの歩んできた「人生」をもう少し聴かせてもらいたかった、自分もこれから
歩んでいく道だから。


行動しなきゃ変わらない

先月、小生がオブザーブしている「うつ病家族会」では、臨床心理士氏を招いて
合同相談会を開催した。
臨床心理士のM氏は、都内の精神病院で30年の勤務後、メンタルクリニックを
開業されている。

M氏は、参加者が介護する患者の発症から現状までの概要を一通り聴いて、
個別に簡潔明瞭な言葉でグサッーと切り込む姿勢には流石と感嘆させらた。

・家族のサポートを間違うな!
  当人の為とか、金銭的援助とかはいいが、介護者の認知の歪みがある。

・親が子供の為と称して、何でも先回りしてやってあげては、親に対して一番気兼ねする!

・発症の原因探しをしても意味はない!
  親がどうすれば良いかを考えることが大切だから

・患者は家族に一番感謝している「悪いな~」と思っているが、心の病で
  「ありがとう」が言えないだけ!

・効果的なサポートは、親は自分の生活・趣味をやること!
  子供の為にとの思いが強いほど子供には「重圧」になっている。

<事例> 金銭的援助をしてくれないと、俺(既婚者)は生活保護者になるぞ!
     と云われれば渡さざるを得ないと涙ながらに訴える親に対して・・・
     (生活保護者でいいでじゃないか。どうぞ!と云える勇気を持てとアドバイス)

     性格の悪さではなく「病気」が言わせているのだから、つらい立場は
     理解できるが、「親の思い」がいくら強くても行動を起こさないと、実行
     しないと快復への道筋は立たない。

実行したからと云って、即効果が出るわけではないし、トラブルも発生するかも
しれないが、それでも行動しなければ何も変わらない!! 以上

    

テーマ : 心と身体のケアを大切に!
ジャンル : 心と身体

特養待機者

印刷会社を経営していたKさん(80代)は、息子に任せて余生を送っていたが
数年前から認知症で施設暮らしを強いられている。
妻はKさんの入所と同時期に腰椎の障害で1年余の入院生活、高齢者夫婦が別々の施設で
療養生活。
1年前から社会福祉協議会(社協)の支援を受けており、小生がその支援員となって
月に一度づつ、Kさんの施設と妻の自宅を訪問している。
息子たちは父親を自宅で面倒を看ることを望んでいるが、妻は退院したと云っても、
歩くのがやっとのことで、「気持ちはあるが、とても夫の面倒までは看られない」と
反論している。もっともな話である。

Kさんは、先月、以前の民間施設(杉並区)から同系列の施設(中野区)へ移転したので
施設スタッフや、同僚たちとうまくやっているかな?と心配していた。
ここも7~8名の小規模民間施設で、Kさんは同僚とテーブルを囲んで椅子に座っていた
(前施設では車椅子)ので、施設長Nさんに尋ねると「支え歩きはできるので、外出以外は
椅子にしている」とのことでした。
食事も相変わらずの「完食」で、健康上の問題も今のところ全く問題ないとのことで
安心した。
いつもニコニコ顔で応対してくれる、直近の話題に誤差はないが、以前の施設とここの施設
の比較の話題、過去の話になると時間や場所に大きな誤差が生じるので、ついていけずに
笑顔で相槌をうって気持ちよく話を続けてもらっているのが実情です。
Kさんはここで3度目の施設になり、特別養護老人ホーム(特養)に申し込んでいるが
全くめどが立たないのが現状です。
介護保険制度が改正されて、来年四月から入居は原則、要介護5~3(Kさんは要介護3認定)
になり自己負担率も引き上げになる。
しかし、それよりも入居を待っている待機者が54万人と報じられているので、Kさんの
順番はいつになるのか。
経済的には、Kさんの年金で夫婦の生活を何とか賄っているが、公共施設は民間よりも5~6万
安くなるようなので、少しでも早い入居が望まれるのは当然です。

(注)要介護3認定:身体的介護が必要で、家事、金銭管理等にも支障が出る状態がめやす。

テーマ : 体と心と元気になること
ジャンル : 心と身体

プロフィール

janus

Author:janus
大手IT企業の人事部に勤務する勤続30年の現役サラリーマンです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード